毎日の朝方の洗浄もライフ!ポイントは無くしすぎない点。

20勘定から20歳上記乾燥肌に悩んでいますが、30年齢の間から始めたビューティー法でかなり見直しました。

一言でいうと「朝は表情を洗わない!」だ。夜のメイク落としの態度や洗い計画はよく本などでも取り上げられますが、意外と朝の洗いは知られていません。朝のゴシゴシ洗いで肌の水気を取り過ぎてしまうと、ドライしやすい第三者はさらにドライがひどくなりますし、オイリー肌の第三者も「もっと脂を出して肌を守らなきゃ」と肌が勘違いしてしまうので、オイリー肌を悪化させてしまったりします。

正にどうしているかというと、まずは夜に敢然と汚れを落とすことが必須ですが、夜更け寝ているうちに人肌から出る皮脂膜(肌をドライなどから守って受け取る膜)を朝の洗いなどで無くしすぎないようにします。

そのために、洗う代わりに「コットン洗い」をします。コットンにしっとりバリエーションのメイク水を含ませ、そのまま軽く表情を拭きとって、汗やほこりだけをなくしながら肌を潤します。

35年齢くらいからは更にドライが進んできた結果、コットン洗顔時にメイク水にスクワランオイル(メイクターゲットオイルならなんでも大丈夫)を少量たらして取り混ぜ、それで表情を軽くふき取るようになりました。

ミッドサマーの汗を激しくかいた夜の翌朝などはべたべたをすっきりさせたいので、コットン洗いではなく、表情を洗ったりもしますが、水だけで2,3たびパシャパシャと表情にかける近隣だ。朝の洗いを気を付けるようになってからは、夕刻になっても肌の容積付きが少なくなったように思います。こちらへ